ロゴ
カスタム&メンテ

TOMOS
スロベニアのmoped クラシックタイプ
tomos


サドルシート取り付け

シートをサドルに交換しました。

何故って、足がベタ付きしないからっス(ちび)

トモスにとって足は重要な第3のブレーキですからね。

てなわけで行ってみようか。

まずシート外しま~す。

はぃ~~~~い!



はずしましたあ~。



ボルトで~す。リアキャリア側(長い方)のなまら太い輪っか無くすなっつってんだ。



はい~~!シートですよ~チャリンコ用でぇ~す。ばらしま~す。



自転車のサドルポストを支えるパーツは外して6cmのM6高ナット&ワッシャー2枚(内側)に交換します。

そしてサドルをとめるパーツの外側からM615mmボルトで左右から止めてます。



M6の通せるステンレス板2枚くっつけま~す。ボルトは仮締めで~す。



サドル仮止めで~す。このままだとどんなにボルト締めてもサドルが前へぐにゃりま~す。



なので、サドルスプリングの下にステンレス板かませて



リアキャリアにはさんじゃいました。板~板間にM6ナット2個をカラー替わりにしてます。

スプリングの下には3mmのゴム切れ挟んであります。



完成っす。

純正サドルの穴とかあまり見た目が美しく無いのがネックですが、追々加工します。

個人的にはもうちょい後ろのが良いんですけど、べた足つけるののはやっぱ良いですな。

座りポジションは10cmくらい下がってます。

小柄で可愛らしい婦女子の方におすすめなカスタムです。

即興ではこんな付け方しか思い付かんかった(泣



TOMOS
スロベニアのmoped クラシックタイプ
tomos

HERE

TOMOS Flexer Sport
スロベニアのmoped スポーティタイプ
tomos

HERE

PIAGGIO ciao
イタリアのmoped
ciao

HERE

PIAGGIO bravo
イタリアのmoped
bravo

HERE

フキプランニング FK310STD
日本のmoped スタンダードタイプ
fk310

HERE

フキプランニング LA-2
日本のmoped ビーチクルーザータイプ
la2

HERE

コピーライト

本サイトに掲載されている全ての情報を管理者の許可無く使用することは法律で禁止されています。
(複製、改変、ダウンロード及び再アップロード、掲示、送信、頒布、販売、出版等を含む)
問い合わせはfacebookページからお願いします。